消費税は5%に減税を

日本円の硬貨の画像

コロナウイルス感染拡大が心配です。
九州から関東圏での都市のほか、与論島など観光地の感染、沖縄をはじめ米軍基地からの拡大など、人の往来で感染が広がるなか、GOTOキャンペーンです。
地方ではコロナ感染患者に対応できる病院が少ないですから、地方の観光地で広がることは医療崩壊を招きます。
札幌は、ススキノやビール園などで感染があるものの、1日数人の感染で推移していますが、PCR検査を広げて、感染を把握し抑えていくことが必要です。

とはいえ、7月の連休はどこかに遊びに行っていいのかどうか、迷うところでもありました。
人が多いところに出かけるのは気が引けます。
特に、医療や介護関係、学校や保育園なとで働く人は、感染をしないように出かけることを控える方も多いのではないでしょうか。

でも、経済はひっ迫しています。
定山渓をはじめ、市内のホテルなど観光では本当に大変。
飲食業はもちろん、イペントもなくなり、文化芸術活動もようやく動き始めたところです。
そこで感染が広がると、また中止や延期になってしまいますから、感染防止がカギとなります。

先日、消貨税を5%に減税を求める名界連の宣伝に参加しました。
日本共産党は5%ヘ引き下げることを提言してきましたが、今こそ、消費税減税が求められています。
消費者が払う消費税を国に納めるのはお店や会社ですが、この状況では納税できず追い詰められてしまいます。
ドイツをはじめ世界的に消費税を減税しています。
日本でも実現したいですね。

もっと過去の記事を読む▶

無料相談に電話する

011-864-2580

月・水~金 10:00~16:00
火 10:00~12:00