首相がかわっても

国会議事堂の画像

安倍首相が辟任を表明し、テレビ報道では自民党総裁選挙の話題でいっぱいです。
7年8カ月と長い政権の間、秘密保護法、共謀罪、安保法制の強行、モリカケ、サクラ、大臣の逮捕、二度の消費税増税、アベノミクスは失敗に終わり、賃金は上がりませんでした。
結局、大株主や大企業などが儲かる一方、庶民は貧困と格差が広がり、いいことあったっけ?
保育料無償化も3歳以上と不十分で、消費税増税と引き換えでした。

首相が変わっても、自民党政治が変わるとは思えませんから、みなさんと頑張って、はたやま和也さんを必ず国会へ送りたいと思います。

9月に議会が始まる前に、党市議団では視察や主に団体との懇談をしています。
視察では水再生プラザ(下水処理場)やスラッジセンター、防災センター、小学校へ行きました。
下水処理場では、微生物を利用してー日ほとで汚水がきれいな水に変わり、消毒などして川に流しています。
処理をして残った汚泥はスラッジセンターへ運ばれ、乾燥して焼却しリサイクルされています。
汚泥はパイプで他の下水処理場からも運ばれています。
地中にそうしたものがあるとは想像していませんでした。
お忙しい中ご協力いただいた各所の職員の皆様に感謝です。

9月なのに気温が高く、豪雨や台風などの被害が心配です。札幌市では地下構造のアクセス道路計画に反対する市民の会で署名が提出されました。
不要不急の道路より、コロナ対策や子ども医療費無料化、災害対策やインフラ整備を優先してほしいですね。

もっと過去の記事を読む▶

無料相談に電話する

011-864-2580

月・水~金 10:00~16:00
火 10:00~12:00