ワクチン接種での要望が実現

何かを見つめる子どもの画像

延期となっていた第2回定例市議会が、から始まります。までの日程です。
代表質問は、日本共産党はに南区選出の千葉なお子議員が質問に立ちます。
傍聴はできますが、感染防止のためインターネットでの視聴を推奨しています。

1日の陽性者数50人前後が続いて、緊急事態宣言は解除される方向となりました。
でも介護施設や病院、コールセンターなどのクラスター拡大や、連日学校での感染が出ています。また、亡くなる方が多いのが気になります。
陽性者との割合では、東京都は1.3%、大阪府で2.5%ですが、北海道は3.2%、札幌市が2.9%と東京の2倍以上亡くなっています。
変異株の影響も予想され大阪などの先例から対策を講じてはきましたが、入院待機中に自宅で亡くなる方も出て、医療崩壊となりました。
原因は何なのか、しっかり検証する必要があると思います。

高齢者のワクチンの1回目接種が道内で3割ほどになりました。
早く接種できる体制を整えるよう、党市議団は、接種会場の全区設置や送迎バスなどを市長へ要望していましたが、コンベンションセンターでの集団接種にJR札幌駅から送迎バスが出ることになりました。
また、要望・質問をしてきた、保育・幼稚園、通所介護・障がい者施設の職員、学校教職員などへのワクチンの優先接種をすることになりました。
7月以降ということです。
また、国の事業で、緊急小口資金・総合支援資金などが限度で再貸し付けを受けられない方などを対象に、生活困窮者自立支援資金が始まります。
これは貸付ではなく、支給されるもので、月額が単身で6万円、2人世帯で8万円、3人以上世帯は10万円で、3カ月受けられます。
暮らしで困ったときは事務所までお気軽にご相談ください。

もっと過去の記事を読む▶

無料相談に電話する

011-864-2580

月・水~金 10:00~16:00
火 10:00~12:00